ストレスが原因とされているうつ病についての知識を身に付けよう

病気になりやすい気質と性格

カウンセリング

うつ病を発症してしまう原因はストレスと言われています。ストレスが精神疾患を発症させてしまうのです。また、ストレスを感じやすい性格や気質もあるので、覚えておくと良いでしょう。自分に当てはめてみることで、病気になりやすいかどうかが分かるようになります。一般的に、この病気になりやすい性格として挙げられるのが、真面目な性格です。真面目で責任感が強く、几帳面な方が当てはまるでしょう。実際に、精神疾患を患った方の多くが真面目な性格をしていると言われています。意外だと思う方も多いでしょう。ですが、真面目な方ほど、ストレスを強く感じてしまうのです。真面目で責任感が強い方は、ストレスを自分一人でどうにか処理しようとします。ですが、大きなストレスが生じた時に、パンクしてしまう可能性が高いのです。周りに助けを求めることができない不器用さが災いしてしまいます。時には誰かに相談することも大切なのです。

また、気質にはいくつか種類があります。これは先天的に個人が持っている性質のことです。うつ病と相性の良い気質について把握しておくと良いでしょう。気質が原因で精神疾患を発症させてしまう可能性も低くはないのです。まずは、循環気質について紹介していきます。これは、ネガティブな感情とポジティブな感情が交互に訪れる気質です。気分の浮き沈みが激しいので、心に負担をかけやすいと言えるでしょう。基本的に、精神状態が不安定になってしまいます。性格としては、一見社交的で人当たりの良い活力のある人間に見られるでしょう。ですが、一人になると気分が落ち込み、黙り込んでしまうのです。人と接していない時は、悲観的になってしまうことが多いでしょう。

執着気質もうつ病になりやすい気質と言われています。執着気質は上記で説明したように、真面目な性格の方に多い気質です。とにかく真面目で責任感も強いのですが、完璧主義でもあります。完璧主義であるために、小さなことにも執着してしまうことが多いのです。些細なことが気になってしまうので、ストレスを感じることが増えるでしょう。ちょっとしたギャップに苦しんでしまいます。メリハリを付けることが苦手なのです。常に全力で頑張ってしまうので、精神的に消耗しやすいとも言えるでしょう。このような気質が原因でストレスを感じやすくなってしまうのです。執着気質の方はメリハリを付けるようにすることで、ストレスを軽減することができます。心を休める努力をしてみましょう。

最後に紹介するのが、メランコリー親和型気質です。これはうつ病になってしまう可能性が高い気質と言われています。ネガティブな感情になりやすい気質なのです。メランコリーは英語で憂鬱や悲哀を意味しています。その為、ちょっとしたことで、自責の念にかられてしまうでしょう。物事に対して、悲観的に捉えてしまうのです。性格としては、常識的で気配りができる方が多いとされています。ただ、周りからの評価を気にしすぎる傾向があるでしょう。良く言えば平和を重んじる性格ですが、悪く言えば他人の顔色を伺って行動する性格なのです。物事全てを悲観的に判断してしまうことが多いので、考え方を改める必要があります。必要以上にマイナスに考えることをやめれば、病気の原因であるストレスを感じることも少なくなるでしょう。そして、このような気質に当てはまったからといって、必ずうつ病になるわけではないのです。自分の気質や性格を把握することで、病気のリスクを減らすことができます。

To Top